整形外科でリハビリに通う

整形外科は骨格や運動器系に問題がある場合に通うところです。総合病院でも、個人的なクリニックでも整形外科はどこにでもあるので、見たことがある人も多いでしょう。



また整形外科に通う患者さんの年代も様々です。

小児の骨折や怪我などが通う人から思春期にはスポーツ外傷などで通う人が多いです。
また成人になると交通事故やスポーツ外傷、そして腱鞘炎や腰痛など生活習慣に起因した疾患が原因で通う人も少なくありません。

高齢者になると慢性的な痛みやリウマチなどの疾患、骨折などのリハビリで通うこともあります。


整形外科で特徴的なのでは、通常一般病院を受診すると医師の診察があり、そして処方を受けて診察終了という受診の流れになるのですが、整形外科では、リハビリだけの目的で通う人も多いということです。

例えば疾患を患い治療を行ったけれど、完全に回復するまでにはリハビリなど時間がかかるということもありますね。

朝日新聞デジタルの情報収集がもっと楽になります。

また診療や投薬など特に必要なく、リハビリだけで改善を目指すということも少なくありません。


そのために、理学療法士が働いていることも少なくないのです。

もちろんリハビリの指示は医師から出され、それを元にリハビリに通って、機能の改善を目指すという患者が少なくないのです。



リハビリはとくに、毎日継続することが大切だと言われます。
そのためにリハビリだけの目的で通う人が少なくないのです。リハビリによって、個人に対応した治療内容で、改善を目指すことが出来るのです。