予防歯科の基本は子供の時から考えること

予防歯科は、歯が生え替わるような子供の時から、しっかりと歯や口の中のケアを意識して虫歯などにならないようにしていくことです。
子供の時からしっかりと歯磨きなどのケアを意識していっていくことです。

話題の日本経済新聞の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

このときには歯医者と歯科衛生士から歯磨きの仕方を学び、歯と歯茎の間などをしっかりと磨いていくことを意識していくように導いていきます。

最終的には年をとっても健康な歯をしっかりと残せるように歯磨きを中心にして、さらに定期的に歯医者を受診することで、歯のメンテナンスを行っていくようにすることも含まれています。
予防歯科では歯磨きにおいては、歯垢をしっかりと落とすことで虫歯にならないようにしていくこともその一つに含まれますし、またフッ素を口の中に残すことも該当します。


フッ素は、歯医者などにおいてメンテナンスの最後によく塗ってくれます。



30分間は口の中に水などを入れないようにと指示される分です。さらに予防歯科で重要なことは、口の中に細菌を残さないようにすることも挙げられます。

口の中に細菌が多い場合には、その細菌が増殖してその結果、歯の健康をむしばんでしまいます。
口の中の細菌を増やさなければ起きえないトラブルですので、たとえば朝起きたら、すぐに口の中をすすいで細菌を外に出すという対応も重要でしょう。



細菌が口の中に残ったままでは、その細菌を体に取り込んでしまい、歯とは別の病気を引き起こすおそれも指摘されているところです。